三尾 崇隼 takahaya mio

分譲住宅施工部/主任/2014年入社

      
  • 1

    現在の仕事内容について

    施工管理の仕事としては、事務的な仕事として主に工程管理・業者連絡・予算組・発注業務、現場での仕事として、家の締まりのチェック・職人さんとの打ち合わせがメイン業務になります。その他には、引渡し後の物件のアフターケアも行います。
    様々な仕事内容があるため、分からない事などはしっかり確認してから作業を行うように心がけています。もし分からない事をそのまま進めてしまったりすると、後で取り返しのつかないミスに発展してしまうためです。
    自分の一挙一動が現場にそのまま反映されてしまう仕事内容のため、責任もありますがやりがいもあります。

  • 2

    職場の人間関係や雰囲気はどうですか?

    先輩にも気さくな人が多く会話がしやすいです。同期の仲もよく、後輩たちとも定期的に交流があるので居心地の良い職場だと思います。
    以前に予定の工期よりも工事が大幅に遅れてしまい、販売スケジュールに間に合わない時があり、手配や準備の手伝いで周囲に迷惑をかけてしまいましたが、その時は同期や先輩も遅くまで一緒に作業を手伝って下さったため事なきを得ました。
    また住宅部として住宅営業・住宅設計・住宅施工管理とフロアーが一緒の場所にあるので、相談・打ち合わせがしやすいです。

  • 3

    やりがいに感じていること

    数年間続けたことで、自分の中で今まで施工した現場を思い出し、自分のアイデアとして提案したり、現場で行った事例に対して対応ができるようになったりと、分かること・出来ることが多くなってきました。
    特に、特殊な要望がある時に職人と打ち合わせを行い、思った通りの完成形に施工できた時はやりがいを感じます。

一日のスケジュール

  • 8:30出社
  • 9:30現場巡回
  • 12:00昼食
  • 13:00帰社
  • 15:00現場打合せ
  • 17:00帰社・施工図チェック
  • 19:00退社

モノづくりがもともと好きで、父親が建築業の関係ということもあり大工という仕事がカッコイイと感じ、この業界を選びました。いまでは施工職として、知識向上や自己啓発のために資格の取得を目指しています。
分譲住宅だけではなく、改修工事や大規模な木造建築にもかかわった仕事がしてみたいです。また設計関係も前から興味があるため、そちらにも挑戦していきたいです。
今は自身の知識を高めるためにも、一級建築施工管理技士の資格を取得するため邁進しています。

先輩からひと言

入社して数年、建築工事現場管理という職業は非常に難しく、つらい仕事だと気づくころだと思います。施主様・設計者様との打ち合わせ、下請業者との関係、資材他手配等、全てがうまくいかないと建物は建てられません。
お客様からの要望も様々ですが、完工までにスムーズにでき、お客様に喜ばれたときは、辛い思いをした仕事でも嬉しく思え、建築技術者としての誇りにも繋がります。 工事現場では確かに厳しいですが品質・予算・工程・安全管理がすべてうまく噛み合った上での完工引渡しは、達成感・やりがい・誇りにつながっていくと思います。
少人数で年間50棟完工となると、一人一人ではなくチームワークによって完成するものと考えているので、今後のチームの中心人物になることを目指し、日々努力を惜しまずに頑張れば、必ず良い結果が自分に返ってくると思います。そのためにも一級建築施工管理技士の勉強も忘れずに頑張ってください。

top