分譲住宅施工課

      
  • 1

    入社のきっかけ

    生活の基盤である建築に興味を持ち、建築学科に進みました。学校で建築について学ぶ中で、実際に建物を建てる過程に携われる施工管理に就きたいと思うようになりました。
    そして、全国各地で事業を展開する企業よりも、地域に根差した企業で働きたい、という思いで就職活動を始めました。そのような企業を探す中で協和コーポレーションを見つけ、戸建住宅や集合住宅、福祉施設など様々な事業で地域の暮らしに携わっていることに魅力を感じました。

  • 2

    現在の仕事内容と気を付けている点

    5月に木造建設部に配属され、書類の作成や業者への連絡、現場の安全管理などを少しずつ行い、12月に自分が主となって担当する現場を持つことになりました。自分が作成した工程表や仮設計画で現場が動くため、作成後は間違いがないか確認するようにしています。
    また、業者の方から質問を頂くようになりましたが、分からないものがほとんどで、すぐに回答をすることができません。この場合は曖昧なまま答えず、先輩に確認して、分かるまで聞くようにしています。何となく答えてしてしまうと、自分が理解する機会を失ってしまうためです。

  • 3

    職場の雰囲気ややりがい

    先輩や上司と現場を回り、施工や安全など様々なことを学びます。分からないことも丁寧に教えて頂けるので、ありがたい限りです。営業や設計などの他部署や、職人の方も話しやすい方が多いので、仕事がしやすい環境だと思います。
    施工管理はお客様の暮らしをつくる仕事だと思います。その基盤である建物を、各業者の方と協力して建てていくことにやりがいを感じます。また、少しずつですが、工程表の作成など、自分ができることが増えていることもやりがいの一つです。

一日のスケジュール

  • 8:00出社
  • 8:30朝礼
  • 9:00事務処理
  • 10:00現場巡回
  • 12:00昼食
  • 13:00現場巡回
  • 16:00事務処理
  • 17:45退社

配属されて約半年が経過しましたが、まだ分からないことが多く、やるべきこともたまに抜けていることがあります。その度に、先輩方に助けて頂いています。まだ一人で現場を見るには程遠い段階です。まずは一人で現場を見られるように、いずれは営業や設計などの他部署の方、業者の方など共に仕事をする方やお客様から信頼されるようになりたいです。そのために、先輩や業者の方と話したり、自主学習を行ったりすることで、少しずつ知識を吸収していきたいです。

先輩からひと言(西脇社員へ)

新入社員として覚える事が多いと思いますが1つ1つを確実に行い、分からないことを放置・曖昧なままにせずしっかり理解し知識向上へ繋げて下さい。また、お客様や施工プロジェクトメンバー・協力業者からの信頼は、建築知識は勿論ですが重要なのは相手側への誠心誠意の対応・行動だと思いますので、入社時の気持ちを持ち続けて日々、業務に励んで下さい。これからの飛躍に期待しています。

top