インフォメーション

施工中ブログ【(仮称)プリミエール志賀本通】vol.3

2019.04.10

【施工中ブログvol.3】

 

 物件名:(仮称)プリミエール志賀本通新築工事

作業内容:外壁タイル下地の目荒し作業

 

 現在、躯体工事は上棟へ向け着々と進んでいます。

下階において、外壁工事に関してはタイル工事に

着手する準備が出来てきました。

 

その前にコンクリートの打設が完了した躯体に

おけるタイル下地の目荒しを行います。

 

タイルの剥離には様々な原因と対策がありますが

当現場ではウォータージェット(超高圧洗浄)

による「目荒し工法」をとっています。

 

当たり前ですが下地には型枠のカスや汚れや

レイタンスなどが付着してしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

以前はこういったモノをカップサイダーにより

除去していましたが、施工手間や粉塵等による

環境問題等によりウォータージェットを採用しています。

 

現場ではループ状ガンを使い下地の目荒しを行いました。

 

 

 

何がループ状かといいますと...、

 

 

 

近くで見ると下地が円の形で目荒しが

出来ているのが確認出来るはずです。

 

 

 

この形状の目荒しをすることで、タイルの躯体面への

接着力を高め、剥落を防止する効果が高くなります。

 

ちなみに一般的にはループ状が主流のようですが

「ハケ引き状」もあるとのことです。

 

top